ゴルフ、この一冊

前ページに戻る

「もう一度、勝ちたい!」_杉原輝雄執念の挑戦

☆ 著   者  早瀬 利之
☆ 発 行 者  小野 寺優
☆ 発 行 所  河出書房新社
           〒151-0051
            東京都渋谷区千駄ヶ谷2‐32‐2
☆ 連 絡 先  03−3404−8611 (編集) / 03−3404−1201 (営業)
☆ 初版発行  1999年7月30日  (税別 定価 1600円)

☆ 著者略歴  1940年 長崎県生まれ。
           1963年 鹿児島大学卒業。

                『週刊文春』 で10年間ゴルフ欄を担当したほか、雑誌、テレビなどで活躍。
               主な作品に
               『 右手 』
               『 タイガーモリと呼ばれた男 』
               『 ジャンボ 』
               『 名器の伝説 』
               『 遥かなるスコットランド 』
               『 リタの鐘は鳴る 』
               『 日本オープン殺人事件 』
               『 あと30ヤードのばす法 』
               『 グルーム博士の基本のゴルフ 』 (翻訳)
               『 金井清一の50歳からシングル 』
               『 杉原輝雄・克つためのゴルフ 』
               『 杉原輝雄 残された生命をいかに生きるか 』 などがある。

                98年NHKで放送された 「もう一度ジャンボに勝ちたい」 では番組の取材協力を
               つとめた。
               日本ペンクラブ会員、ゴルフペンクラブ世話人。




「   ゴルフは、自己管理さえしっかりしていれば、いつまでも戦える世界である。
    自分のリズム、力で、自然を相手に闘える。 そのための第一条件は病気をしないことである。

    だが杉原は、致命的な病気を抱えている。 前立腺ガンである。
            ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 
            「 ああ、もう一度勝ちたがっている。 老狼敗れず。 噛みつき、吠える日は近い ・ ・ ・ 」

            ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・   」

            ━ ( プロローグ ) より抜粋 ━




■ 本書に関して

 本書は、著者がプロゴルファー・杉原輝雄へ密着取材をしたドキュメンター、 とでも言うべき
一冊である。

 ガンと言う病魔に侵されながらも、ツアーでの優勝を目指して闘う杉原プロの姿が、生き生き
と描かれている。

 杉原プロが如何にファン思いであるか、如何にスポンサーを大切にしているか、如何に仲間
を大切にしているか、そして何よりも家族を大切にしているかが、手に取る様に理解出来る。
 関係者を大切にすると言う事、その究極的行為は、如何に自分がツアーで良い成績をだす
か、優勝するかだ、と信じて杉原プロは闘う。

 ガンに侵された者にとっての闘いは、過酷の一言だ。
 そして読む者にとっても、その壮絶さが如実に伝わってくる。

 目に見えて落ちて来る飛距離は、如何ともし難い。
 このハンデに打ち勝とうと、関西から東京府中まで出向いて、トレーニングに励む日々だ。

 私は本書に描かれている杉原プロの、闘いを読み終えて思う。
 どうしてガン手術を受けなかったんですか。
 前立腺ガンを克服して、日常生活を送っている方は、沢山、沢山いますよ。
 あなたにはまだまだゴルフ界で果たさなければ、あなたで無ければ出来ない事が、山ほど有
ったんではないですかと。

 しかしそれが闘うプロゴルファー・杉原輝雄の、勝負に賭ける男の生き様だったのでしょう。
 「もう一度、勝ちたい!」 と執念の闘いを挑む勝負師・杉原、そして勝たせてあげたいと、熱い
思いを秘めての密着レポートは、読む者をも熱くさせる。

× × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × ×

尚、本書は品切れ状態なるも、重版予定未定との事。(2015年4月)
☆ 株式会社 河出書房新社
  〒151-0051
  東京都渋谷区千駄ヶ谷2-32-2
  TEL 03-3404-1201


amazonでのご購入はこちら

TOPへ