ゴルフ、この一冊

前ページに戻る

セントアンドリュース物語_ゴルフの聖地を訪ねて

☆ 著   者  角田 満弘 / 邸 景一 / 三島 叡
☆ 発 行 人  恩田 敏夫
☆ 編 集 長  荻野 純一
☆ 発   行  日経BP企画
☆ 発   売  日経BP出版センター
           〒102-0093
            東京都千代田区平河町2-7-1
☆ 連 絡 先  03−3239−5434 (日経BP企画 旅名人編集室)
☆ 連 絡 先  03−3238−7200 (日経BP出版センター営業)
☆ 初版発行  2001年10月20日  (税別 定価 2,200)

☆ 著者略歴  角田 満弘
           1945年 生まれ、週刊パーゴルフ編集記者、月刊パーゴルフ編集長を経て、
           1992年 スイングコーポレーションを創設。
               ゴルフを中心にスポーツジャーナリストとして活躍中。
               旅名人ブックス 『アジアのゴルフ場 中国・東アジア編』 を執筆。

☆ 著者略歴  邸 景一
               ノンフィクション・ライター。
               海外取材を中心に活動。
               旅名人ブックス 『スコットランド』
                         『スコッチウイスキー紀行』
                         『アジアのゴルフ場 東南アジア編』 などを執筆。

☆ 著者略歴  三島 叡
           1941年 生まれ。日本経済新聞入社以来、報道写真を手がける。
               その後、日経BP社に移籍。
               『日経アーキテクチュア』 などを中心に、建築・航空写真、景観照明
               写真へと活動の場を広げ、現在は独立し、フリーのカメラマン。
               建築写真では、カラー時代に相応しい優れた色彩表現で知られる。
               旅名人ブックス 『スコットランド』
                         『アジアのゴルフ場 東南アジア編』 などの写真撮影を担当。




「   「旅名人ブックス」 は知的好奇心の旺盛な方々にひと味違う余暇の過ごし方を提案する新しい旅行ガイドブ
   ックです。
   取り上げるテーマを絞り、美しい写真とストーリー性を重視した記事、実用性の高い情報を満載しております。
    ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
           旅名人ブックスは、月並みの旅に満足できない旅行愛好家の方々に、
           「物語性のある旅」
           「ありきたりのパックツアーとは一味違った面白い旅」
           を提案する、新しいタイプの旅行ガイドブックです。 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

            ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・   」

            ━ < 巻末及び表紙カバー > より抜粋 ━




■ 本書に関して

 本書は日経BP企画から発行されている 「旅名人ブックス」 シリーズの75番目、ゴルフ愛好
家必読書と言える (セントアンドリュース物語) である。

 私は特段、出版社の宣伝広告をするつもりはないものの、内容は素直に素晴らしい。
 是非、ゴルファー、ゴルフ好きの方には、本書を一読後に全英オープンを、TV観戦して頂き
たいと思う。
 否、TVのみならず、現地観戦も一層楽しいものに成る事、請け合いです。

 文章も読み易く、又写真も素晴らしい。
 この様な平易な文章での紹介に、終始してしまう自分が、うとましい。

 本書は全体の構成も良く出来ており、流れもスムースだ。
 第一章から第三章までは、セントアンドリュースとゴルフ競技、全英オープンを中心にした
内容になっている。
 第四章では、スコットランドに於けるセントアンドリュース以外の名門コースを、紹介してい
る。
 それではそのセントアンドリュースを含めた名門コースでプレーするには、どの様にしたら
良いのか、その方法を第五章で語っている。

 第六章ではスコットランド以外の、イングランドにも素晴らしいコースは有り、その紹介をし
ている。
 第七章では、全英オープンに焦点を絞り、その深掘りをしている。
 第八章は文字通り、旅の便利帳だ。具体的に手続きを教えてくれていて、それはいつの間
にかティーングランドに立たされている様だ。

 本書では100年以上も前のデータに付いて、しっかりと記述されており、まるでその当時へ
著者がタイムスリップして、観て来た様だ。
 これは資料の読み込みが、しっつかりとしているからだ、と言える。
 これを裏付ける様に参考文献として333ページ目には、英文の資料が7冊紹介されている。

 本書は写真を万遍なく掲載している関係から、紙も上質紙を使用しており、全体的に重め
の仕上がりと成っている。
 旅行カバンへ携帯するには、若干重い。
 しかし事前に自らの旅行プランを練るには充分なテキストであり、 スコットランドやイング
ランドでのゴルフ物語が、既に始まっている気分にさせてくれる。

 是非、多くのゴルファー、読者にスウィルカン・ブリッジでの記念撮影にトライして頂きたい、
その様に思わせる一冊だ。

× × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × ×

尚、本書は品切れに付き、重版未定との事。 (2015年5月)


amazonでのご購入はこちら

TOPへ