相続関連情報


ゴルフ会員権の売却にあたり、相続の案件は日常的であり、特別な事案では御座いません。
稀に購入者によっては、 ( 縁起が良くない ) 等との理由から敬遠されるケースもありますが、一般的には支障なく流通しております。
下記に相続に当たっての一般的な処理案を作成致しましたので、御参考にして頂ければ幸いで御座います。

まず第一に


相続が発生したら、まずゴルフ場へ連絡を取りましょう。
1、内容を伝える。
2、今後、費用負担はどの様なものが有るのかを確認する。
3、費用について停止出来るものは、即手続をする。
4、ゴルフ場のご担当者の役職、お名前、日時をメモしておく。



相続処理案


相続の発生と共に選択し得る処理案は、以下の通りです。

1、相続に関する書類を整えて、代表相続人が第三者へ譲渡する。
2、代表相続人が名変料をゴルフ場へ支払い、御自分の名義へ書き換える。
3、相続権の放棄


具体的な内容その1

【 その1、第三者への譲渡 】
  一般的な必要書類は下記の通りです。
  A、証券
  B、相続人全員の印鑑証明書 各1通
  C、改正原戸籍
  D、平成改正原戸籍
  E、除籍謄本
  F、遺産分割協議書コピー或いは相続同意書
  G、ゴルフ場所定の名義書換用紙一式
  H、パス型会員証 ( メンバーズカード )
  I、ネームプレート
  J、帽章

各ゴルフ場の規定により、更に付け足さなければならない書類、或いは削って支障の無い項目が
あります。
ゴルフ場の求める内容によっては、理解に苦しむケースも有りますが、その様な場合は代表相続
人が直接、ゴルフ場の担当者と打ち合わせをされた方が、好結果に繋がっている様に思います。

僅かばかりですが、一部のゴルフ場では、相続による第三者への譲渡を認めておりません。一度
代表相続人への名義書換を経てから、第三者へ譲渡する事になります。



具体的な内容その2

【 その2、代表相続人への名義書換 】
上記AからJまでの書類を整えて、代表相続人へ名義書換を致します。
名義書換料に付いては、通常料金を徴収しているゴルフ場から、無料まで様々です。



具体的な内容その3

【 その3、相続権の放棄 】
何らかの理由により相続権を放棄せざるを得ないケースが有ります。
この場合は簡易裁判所への手続が必要となり、会員権自体に価値が有れば、相続財産管理人を
選定し処理をしなければなりません。



相続にまつわる税、その豆知識

1、相続税は相続が発生した時点で、時価の70%が課税対象額です。
  例えば死亡時1,000万円評価額の会員権であれば、700万円が課税対象額となります。

2、代表相続人がゴルフ会員権を第三者へ売却した場合の原価額は、被相続人がゴルフ
  会員権取得に要した諸費用の総額です。
  例えば、会員権代金+ゴルフ場へ支払った名義書換料+会員権業者へ支払った手数
  料などの総額です。

3、代表相続人がゴルフ会員権を売却し譲渡益が出た場合、税務申告が必要です。
  或いは譲渡損が発生した場合、所得内通算が出来す。



ゴルフ会員権時価評価書作成


当社ではゴルフ会員権時価評価書を作成いたしております。1990年以降の調査に付きまし
ては、1案件に付き3,000円 ( 税別 ) にて作成させて頂いております。
御依頼頂くに当たりまして、下記の項目をメール、FAX等でお知らせ頂ければ助かります。

1、ゴルフ場名
2、会員種別 ( 正会員、平日会員、週日会員 等 )
3、被相続人の死亡日
4、評価書の名宛
5、御依頼者の連絡先 A、お名前 B、住所 C、電話

是非、御活用頂ければ幸いで御座います。

E-mail  info@hanzo.co.jp

TOPへ