ゴルフ、この一冊

前ページに戻る

定年後はイギリスでリンクスゴルフを愉しもう

☆ 著   者  山口 信吾
☆ 発 行 者  小林 俊太
☆ 発 行 所  日本経済新聞出版社
            東京都千代田区大手町1‐9‐5  〒100-8066
            電話 (03)3270-0251 振替00130-7-555
            http://www.nikkei.co.jp/
☆ 第1刷発行 2005年9月1日  定価(本体 952円+税)

☆ 著者略歴  1943年 台北市に生まれ福岡県で育つ。ゴルフライター。
               九州大学工学部建築学科を卒業後、同大学院を修了。

           1969年 竹中工務店に入社し設計部に所属。
           1972年 渡米しハーバード大学デザイン大学院修了後、シカゴの米国大手設計
               事務所に勤務。
           1975年 帰国して竹中工務店に復帰、開発計画本部に所属して一貫して都市
               開発プロジェクトに従事。

               ゴルフ歴17年、ハンディキャップ8。
               著書に 『 普通のサラリーマンが2年でシングルになる方法 』 がある。
               URL:http://www5f.biglobe.ne.jp/~links-go/




「    ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
    ぼくのリンクス探訪はやっと軌道に乗ったところです。人生は短く、未踏のリンクスは多いのです。 これか

   らリンクスの地で過ごす時間を増やし、自然と対話するゴルフ、それぞれの土地にしっかりと根ざしたゴルフ

           をもっと深く探求し続け、いつかはゴルフの魂を見つけたいと思っています。                   」

           ━ ( 文庫化にあたって ) より抜粋 ━




■ 本書に関して

 素晴らしい書籍に出会えた喜びを、私は今ひしひしと感じている。
 著者は当該書籍を書き上げる為に、リンクスでゴルフをしているのでは、して来たのでは無い。
リンクスでのゴルフ、その魅力に取り付かれた著者のリポート、リンクスの素晴らしさを伝え様と
して、結果として書籍に成った、そう表現しても良いのが本書ではないだろうか。

 文章全体から伝わって来るのは上質さであり、品格の高さをかもし出している文体は、著者そ
のものがにじみ出ている様に思われた。

 へそ曲がり者が斜め読みするならば、一体取材費はいくらかかったのだろうか、などと考えて
しまうのだろう。売り上げ至上主義の姿勢からは、とても採算に合わないものなのだろうし、それ
故にこの様なリンクス情報満載の書物は、とても貴重だと言える。

 本書は著者の具体的な記述が多い。例えばラウンド費用で有るとか、スタート予約をするに
当たり、その話し方などである。
 参考になる部分が多く、私の本は付箋だらけになってしまった。

 私が付箋をつけた多くの箇所を伝えたい衝動に駆られるものの、多すぎて困ってしまうのだが、
一つだけ次の内容を書いておきたい。
 イギリスではクラブの会員が、友人を招いてラウンドした場合、その友人のプレー代金は、ビ
ジターの半額に成るとの事。
 会員が招待してラウンドするのがゲストで、ビジターとは区別されているという事だ。
 大変勉強に成ったし、この様なシステムを取り入れている日本の、否私が知り得ている関東
圏での会員制クラブは、有るのだろうか?

 本書は2003年9月に亜紀書房から単行本として出版されたのだが、それを大幅に加筆・修正
し、2005年9月に日本経済新聞社より文庫版として出版された。
 ゴルフにご興味を抱いている多くの方に、是非読んで欲しい一冊である。

× × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × ×

尚、本書は品切れにつき、重版未定との事。(2016年6月現在)


amazonでのご購入はこちら

TOPへ