ゴルフ、この一冊

前ページに戻る

ゴルフ場 そこは僕らの戦場だった

☆ 著   者  西村 國彦
☆ 発 行 人  柴田 敬三
☆ 編   集  柴田 敬三  高橋 利直  野 洋介
☆ 営業広報  高橋 利直
☆ 業   務  岡田 承子
☆ 発 行 所  株式会社 ほんの木
           〒101-0047
            東京都千代田区内神田1‐12‐12 美土代ビル3F
☆ 連 絡 先  TEL 03-3291-3011 / FAX 03-3291-3030
☆ 初版発行  2015年3月10日  (税別 定価 1,600円)

☆ 著者略歴  1966年 桐朋高校卒業
           1966年 東京大学教養学部入学
           1972年 東京大学法学部第砧狢感
           1973年 司法試験、国家公務員上級試験合格
           1974年 東京大学法学部第粁狢感
           1976年 東京弁護士会登録。明舟法律事務所入所
           1976年 河合・竹内法律事務所入所
           1979年 河合・竹内・西村法律事務所のパートナーとなる
           1980年 USAダラスのインターナショナル・アンド・コンパラティブ・ロー・センターに短期留学
           1991年 さくら共同法律事務所と改称
           1996年 日本ゴルフ関連団体協議会 会員権問題研究会専門部会委員
           1997年 通産省・会員権問題研究委員会委員
           1998年 NHKセミナー(ゴルフ特別セミナー)講師
           2002年 ゴルフダイジェスト社経営ゴルフセミナー講師 GMセミナー講師
           2004年 日本ゴルフ学会常務理事(国際交流担当委員長)就任
           2005年 日本ゴルフ学会学会賞受賞・マスターズほかメジャートーナメント取材開始
           2005年 月刊ゴルフダイジェストにて「ゴルフの旅人デビュー!」ゴルフの旅人シリーズ連載開始




「   ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

    この本はそんな負けず嫌いで、ハニカミ屋の、心底ゴルフを愛する弁護士が闘ったふたつの勝負の記録と、

          共に闘い続けた太平洋クラブ会員達に、思いもかけず暖かい援助の手を差し伸べてくれた、ある偉大な男との

          出会いを描いた実話である。

           ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・  」

           ━ ( 第1章 奇跡 ゴルフと裁判、ふたつの奇跡の始まり 31ページ ) より抜粋 ━




■ 本書に関して

 本書は2015年3月の或る会合にて、著者である西村先生より直接頂いたものだ。

 先生は栃木県のニュー・セントアンドリュースゴルフクラブ・ジャパンで、2004年クラブチャン
ピオンに輝いた。日本一難しいとプロも認めるコースでだ。
 先生が戦場と称するクラブチャンピオン決勝での戦いは、壮絶であり奇跡でも有った。

 時が代わり2012年1月、先生が所属する太平洋クラブは、アコーディアゴルフをスポンサー
とした民事再生法の適用を、東京地裁へ申請した。

 大きな闘いの火ぶたが切って下ろされたのだ。
 結果は太平洋クラブ会員の多くが大同団結し、結束を固める中で、幾多の変遷を経て会社
更生法による、会員側の勝利と成った。
 会員がまとめれば必ず勝利出来る、と訴えて来た西村先生。先生は会員側の中心人物で
も在った。

 この勝利の背景には、ある偉大な人物のバックアップが有った。その人物とは、マルハンの
韓昌祐氏だ。
 韓氏との出逢いが、勝利へ導いた大きな要因で有ったとしている。
 「 韓の登場こそが運命、奇跡と呼ぶのにふさわしい出来事であった。」(214ページより引用)

 ゴルフに話を戻すならば、その年の夏、先生は袖ヶ浦CC選手一員として、茨城県の取手国
際GCで開催された、関東倶楽部対抗に出場した。そして見事チームは優勝したのだ。
 2年ぶり4回目の優勝だった。

 本書では西村先生によるゴルフと太平洋クラブでの闘いが、リンクさせながら語られている。
 そして全編を通じて伝わってくるものは、先生の熱い人物像で有りお人柄だ。
 太平洋クラブをめぐる壮絶な闘いの裏側を垣間見る事が出来、又、著者の熱い思いを感じ取
る事が出来る一冊に仕上がっている。

× × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × ×

尚、表紙画像は2015年3月に(株)ほんの木ご担当者様より許可を頂き掲載。
☆ 株式会社 ほんの木
  〒101-0047
  東京都千代田区内神田1-12-12
  TEL 03-3291-3011 / FAX 03-3291-3030


amazonでのご購入はこちら

TOPへ