ゴルフ、この一冊

前ページに戻る

文壇ゴルフ覚え書

☆ 著   者  三好 徹
☆ 発 行 者  加藤 潤
☆ 発 行 所  株式会社 集英社
           〒101-8050
            東京都千代田区一ツ橋2−5−10
☆ 連 絡 先  03−3230−6100 (編集部) / 03−3230−6393 (販売部)
☆ 初版発行  2008年9月10日  (税別 定価 1,900円)

☆ 著者略歴  1931年 東京生まれ。
                  横浜国大経済学部卒業。読売新聞社に入社し、記者生活のかたわら、
                  執筆活動を開始。
           1967年 『風塵地帯』で第20回日本推理作家協会賞。
           1968年 『聖少女』で第58回直木賞を受賞。
                  歴史小説、推理小説、ノンフィクションなど幅広いジャンルで活躍。

                  主な著作に
                  『興亡三国志』
                  『チェ・ゲバラ伝』
                  『妖婦の伝説』
                  『侍たちの異郷の夢』等。

                  趣味はゴルフのほかにも、囲碁、将棋、麻雀、競馬など、幅広い。




「    ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
    作家に画家やジャーナリストが加わった文壇ゴルフが発足したのは、七十年以上も前である。 ゴルフが
   現在ほどに大衆化していない時代だった。 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 。
    ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
           先輩たちは、そういうゴルフのよさに気がつき、 仲間同士のプライベート・コンペティションを定期的に続け
          てきた。月一回、戦争による中断が約十年あったにせよ、回数にすると、ほぼ七百回の計算になる。

            ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・   」

           ━ ( あとがき ) より抜粋 ━




■ 本書に関して

 登場人物は有名作家のオンパレード。
 丹羽文雄、永井龍男、大岡昇平、川口松太郎、源氏鶏太、柴田錬三郎、水上勉、吉川英治、
石坂洋次郎、獅子文六、石川達三、井上靖、佐野洋、小林秀雄、古山高麗雄等など・ ・ ・ 。

 作家によってはその作品、短編を学校の教科書で読んだ様な気がするし、或いは読まない
にしても名前を見れば、その職業は作家であると、即答出来るほどの人物が登場してくる。
 そしてその有名作家達が、ゴルフに接した時の素顔が見えて、妙に親近感を覚える。

 著者にメモは無い。
 有るのは記憶だけである。
 文壇ゴルフを構成していたのは、各新聞、各出版社が主催するゴルフコンペ、例えば新聞
三社連合のサンシャイン・ゴルフ会で有ったり、
文士のコンペであるペンマン・ゴルフ会 (略称PGA) や青蕃会であった。 その様な集まりで
の出会いや活動が、生き生きと語れている。
 これ全て、著者の驚異的な記憶力を頼りにしての、記述である。

 文壇ゴルフに最も影響を与えたのは丹羽文雄氏であり、氏を師として集まって出来た丹羽
学校は、氏の度量広大な性格もあり、多くの文士が集まったと言う。

 著者は趣味多彩で有るものの、その中でもゴルフをこよなく愛した。
 作家のゴルフ、そのゴルフ文化を充分に、堪能出来る一冊だと言える。


amazonでのご購入はこちら

TOPへ