ゴルフ、この一冊

前ページに戻る

ゴルフ場再生に生きる男

☆ 著   者  市川 金次郎
☆ 発 行 人  市川 金次郎
☆ 発 行 所  一季出版株式会社
           〒111-0053
            東京都台東区浅草橋1−9−13
☆ 連 絡 先  03−3864−7821 (TEL) / 03−3864−7820 (FAX)
☆ 初版発行  2013年9月17日  (税別 定価 1,000円)

☆ 著者略歴  1925年 東京府北豊島郡大泉村にて生まれる。
           1938年 大泉尋常小学校卒業
                高等小学校高等科卒業後、杉並区の中島飛行場へ就職。
           1943年 海軍甲種飛行予科練習生。
           1945年 三重県鈴鹿の航空部隊にて終戦。
           1946年 大泉高等実業学校入学するも稼業繁忙の為に2年後自主退学。
           1949年 結婚。
           1958年 芝生の生産販売開始。(株)市川造園土木立ち上げ。
           1960年 浦和ゴルフ倶楽部の芝張り造成工事。
           1961年 浮間ゴルフリンクスの芝張り造成工事。
           1962年 ゴルフを始める。
           1963年 錦ケ原ゴルフ場の芝張り造成工事。
           1964年 藤岡ゴルフクラブの芝張り造成工事。
           1981年 自身初の計画、設計である美里ゴルフ倶楽部オープン。
           1983年 チェックメイトカントリークラブオープン。自身2コース目。
           1984年 東京カントリー倶楽部を引き受け、27ホール正式オープン。
           1998年 エ―デルワイスGCにて第1回目のエージシュート達成、72歳。
           2000年 (株)市川造園土木代表取締役辞任。
           2002年 M&A第一号、八洲カントリークラブ取得。
           2013年 美里ゴルフ倶楽部にて1,000回目のエージシュート達成、87歳。




「    ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

    夢中で仕事をやってきて88歳になりました。

            エージシュートも1000回を達成して、米寿を迎えるこの機会に、目まぐるしく歩んできた自分の道を綴って
            おけたらと思うようになりました。

            憧れの予科練時代、終戦、商人としての青物市場時代から芝生生産販売の商いの精神、ゴルフ場造成工
          事、請負い会社からゴルフ場の運営へ、

          そして現在のM&Aなどいろいろな事業と関わる中で、人生理論、人と人の出会い、絆 ・ ・ ・ 。 数えたら
          どれほどの人たちとの出会いがあったことでしょう。

            ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・  」

           ━ ( はじめに ) より抜粋 ━




■ 本書に関して

 著者は市川造園土木グループとして、全国に11コースを造り上げ、経営及び運営をしていた。
(株)市川造園土木の代表者辞任後は、M&Aを活用し2014年10月現在全国で26コースを取得
し、経営しているゴルフ業界の巨人だ。

 本書はゴルフ場と共に、半世紀以上に渡り携わってきた、市川氏の人生記と言える。
 著者の人生哲学や生き様が、手に取る様に理解出来る。

 (2 市川造園土木) の中では、当時ゴルフ業界で大いに話題と成ったゴルフ場の成り立ち、
或いは裏事情とでも言うべきか、その辺が知り得て思わず納得してしまう。

 本書を読み込んでいくに従い、何事にもひたむきな著者の姿勢が垣間見えて来る。 そしてそ
の姿勢は、事ゴルフに関して1,000回以上にも及ぶエージシュートを達成してしまうと言う、偉業
につながっている様に思える。

 著者の巨人としての実像に迫る、そのエキスを感じる事の出来る一冊に成っている。

× × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × ×

尚、本書は公表に付き発売中との事。(2015年3月)
☆ 一季出版株式会社
  〒111-0053
  東京都台東区浅草橋1-9-13
  TEL 03-3864-7821 / FAX 03-3864-7820


amazonでのご購入はこちら

TOPへ