ゴルフ、この一冊

前ページに戻る

会員権商法の構図 〜会員制事業適正化研究会報告書〜

☆ 編   者  会員権商法研究会
☆ 発 行 人  吉井 均
☆ 発 行 所  財団法人 通商産業調査会  東京都中央区銀座2-8-9
☆ 連 絡 先  TEL 03−3535−4881 / TEL 03−3535−4884
☆ 初版発行  1992年6月20日

☆ 研 究 会  座長 藤井 英男   ( 弁護士 )
          委員 江田 俊樹   ( 茨城県生活福祉部長 )
              加藤 洪    ( 関東ゴルフ会員権取引業協同組合理事長 )
              神谷 興士   ( 日本興業銀行産業調査部長 )
              木元 錦哉   ( 明治大学法学部教授 )
              小西 輝子   ( 弁護士 )
              坂井 孝三郎 ( 青山学院大学経営学教授 )
              中垣 一二三 ( 弁護士 )
              中田 修    ( 社団法人日本リゾートクラブ協会会長 )
              野村 好弘  ( 東京都立大学法学部教授 )
              服部 弘志  ( 弁護士 )
              早川 克己  ( 日本経済新聞社論説委員 )
              林 裕三    ( 社団法人日本フィットネス産業協会副会長 )
              舟橋 彪    ( 富士カントリー株式会社代表取締役社長 )
              松浦 均    ( 社団法人日本ゴルフ場事業協会理事 )
              矢田 壮一  ( 日本放送協会解説委員 )
              山地 旻    ( 共栄火災海上保険相互会社取締役 )
              吉岡 初子  ( 主婦連合会事務局次長 )
              好美 晴光  ( 中央大学法学部教授 )




「  会員制事業を巡るトラブルは様々なものがあるが、
   その中でも特に、
   社会問題化している大量会員募集を始めとする募集行為、会員契約の適正化のための対応策を講ずること
   が緊急の課題である。

           ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・   」

            ━ ( .基本的考え方 ) より抜粋 ━




■ 本書に関して

 1990年をピークとしたバブル経済は、ゴルフ業界へも様々な影響を及ぼした。特にゴルフ場
及びゴルフ会員権を巡る動きは、顕著だった。
 その様な中で発生した茨城カントリークラブ事件は、社会的影響力が甚大で有り、様々な問
題を提起した。
 当該事件から約20年が経過した2013年の今日、事件そのものが風化しており、簡単におさ
らいしておく必要が有る様に思われる。

 【 茨城カントリークラブ事件 】
 茨城県高萩市を舞台に、(茨城カントリークラブ) の開発会社である常陸観光開発(株)は、
5万人以上もの会員から集めた約1,000億円の資金を、関連会社へ流用した。
 1991年7月に東京国税局は、茨城CCの会員権販売代理店を脱税容疑で捜査し、そこから
会員権乱売の事実が発覚した。
 事件の中心人物は、144億円の所得を隠し、約57億円を脱税したとして逮捕され、有罪判決
と成った。
 当該事件は、5万人以上の被害者を発生させ、ゴルフ場は完成する事無く、又、経営会社も
倒産致した。

 【 ゴルフ場等に係る会員契約の適正化に関する法律 】
 この法律は、上記の様な時代背景を基に作り上げられ、1992年5月13日に成立し、
同年5月20日に公布された。
 ゴルフ場の開発に関係して新規に発行・販売するゴルフ会員権、或いは既存のゴルフ場が
50万円以上の募集価格で、新規に販売するゴルフ会員権を対象にした画期的な法律。
 この法律が出来るまでは、ゴルフ会員権を対象にした取扱業法なるものが、存在していなか
った。
 2013年7月時点からさかのぼる事、過去5回に及ぶ改正が有り、その内容の殆どが他の法
 律との整合性を持たせる為のもので、基本的な内容は変わっていないと言える。
 注意したい点は、この法律は既存のゴルフ会員権取引と、株主制ゴルフ場の会員募集行為
に付いては、規制の対象外と成っている事だ。

 
 本書は、ゴルフ場或いはリゾートクラブ等、会員制事業の現実を分析している。
 本書の表題とも成っている、正しく (会員権商法の構図) を確認し、消費者保護の観点か
ら、求められる法律を作り上げ、その内容を懇切丁寧に説明している。
 本書は、ゴルフ場を経営する事業主体にとって、新規にゴルフ会員権を発行・販売しようと
した場合、大切な指針に成るものだ。
 又、新発のゴルフ会員権を求めようと考えるユーザーにとっても、その是非を問う大切な参
考書に成る事と思う。

 ゴルフ関係者で有れば、是非、蔵書としておさえておきたい一冊。

× × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × ×

尚、本書は品切れに付き、重版未定との事。(2015年4月)
☆ 一般財団法人 経済産業調査会
  〒104-0061
  東京都中央区銀座2-8-9 木挽館銀座ビル


amazonでのご購入はこちら

TOPへ