ゴルフ、この一冊

前ページに戻る

世界へ挑戦 ━ 沖縄ゴルフ誕生と飛躍の歴史 ━

☆ 発 行 者  比嘉 良雄
☆ 編集・
     発行  沖縄ゴルフ協会 / 沖縄県ゴルフ倶楽部協議会
          沖縄県那覇市泊1−2−2−1F
☆ 連 絡 先  TEL 098−863−5619
☆ 初版発行  2012年5月15日 (税別 定価 2,000円)









「   ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
   わが県のゴルフは戦後からはじまった。
   60年前、県民は食物さえ十分になかった時代、アメリカの基地の中には既にゴルフ場があった。

           親しくなったアメリカさんに招待されたり、基地建設で来県していた本土業者の方々と、空き時間を借りてプ
           レーを楽しんだことからはじまった。

            ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・    」

           ━ ( まえがき 次なる発展のために ) より抜粋 ━




■ 本書に関して

 沖縄にゴルフが入ってきたのは、第二次世界市場分割戦争後、1948年のアメリカ占領軍・米
軍のゴルフ場であった、泡瀬メドウズ・ゴルフ場の開場だった。

 日本全体を顧みれば、1903年には兵庫県六甲で、日本最初のゴルフ場が開場している。 こ
の点のみを見るならば、沖縄県民がゴルフと触れたのは、約50年遅れた事に成る。

 しかし、それから更に約50年を経た今日、21世紀に入り、沖縄出身のゴルファー、男子女子
を問わず、プロアマを問わず、その活躍は目覚しいものがある。
 それは敢えてこの場で、その記録を列記する必要も無い程、周知の事実と成っている。

 沖縄は熊本と肩を並べる程の、日本に於けるゴルフ人材輩出県になっているのだ。

 日本のゴルフ界で隆盛を誇る沖縄、それは一長一短に作り上げられたものでは無く、沖縄に
於ける多くの先達が、ゴルフの素晴らしさを、後生の人々へ伝える努力を、絶え間なく継続して
来たからだ、と言う事を知る事が出来る。

 その様な沖縄の歴史、そして活躍してきた人々を、本書では詳しく伝えている。

 又、日本経済の浮沈、こと沖縄に於いてもその影響から逃れられる術は無く、結果としてもた
らされたゴルフ場の変遷、栄華衰退に付いても良く記述されている。

 本書は、沖縄のゴルフを知る上で、資料的価値の高い一冊となっている。

× × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × ×

尚、本書は2015年3月時点で在庫が、20冊ほどとの事を下記協会にて確認。
☆ 沖縄ゴルフ協会
  TEL 098-863-5619


TOPへ