ゴルフ、この一冊

前ページに戻る

軽井沢伝説 (避暑地・軽井沢に集った名士たちとの半世紀)

☆ 著 作 者  犬丸 一郎
☆ 発 行 者  持田 克己
☆ 発 行 所  株式会社 講談社  東京都文京区音羽2−12−21
☆ 連 絡 先  03-5395-3783
☆ 初版発行  2011年7月1日 (税別 定価 1,600円)

☆ 著者略歴  1926年 東京・麹町に生まれる。
            1949年 慶応義塾大学卒業後、帝国ホテル入社
            1950年 米国留学
               (サンフランシスコ市立大学ホテル・レストラン科)
               (ニューヨーク州コーネル大学ホテル経営学部)
            1953年 帰国しふたたび帝国ホテル勤務
            1986年 帝国ホテル社長就任
            1997年 帝国ホテル社長退任 ( 顧問就任 )
            1998年 軽井沢ゴルフ倶楽部理事長
            1999年 帝国ホテル退社
            2004年 軽井沢ゴルフ倶楽部理事長退任




「  帝国ホテルの職から退いて、気がつけばもう十二年にもなる。

   時の流れるのは早いもので、私が夏の軽井沢を例年、訪れるようになって、すでに半世紀もの月日が過ぎた。
   慣れ親しんだ軽井沢の地は、私にとって人生の一部であるといってもいいだろう。

           ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・   」

           ━ ( まえがきにかえて ) より抜粋 ━




■ 本書に関して

 本書は7章より構成されており、章の巻末には文中に出てきた人物の経歴などが、紹介され
ている。
 その経歴を拝見すると、登場人物が果たした社会的役割や地位などを、確認する事が出来
る。
 その偉大さに敬服するばかりだ。

 著者の実父は、(帝国の犬丸か、犬丸の帝国か) と言われた犬丸徹三氏。
 実父は、1910年に東京高等商業学校 (現・一橋大学) を卒業後、世界各国で修行し1919年
に副支配人として、帝国ホテルへ入社。
 永らく日本のホテル業界の推進役を務め、日本ホテル協会会長のほか、日本高架電鉄社長
を兼務し、羽田・浜松町間のモノレール開通に尽力した方だ。

 本書は、タイトル通り軽井沢を愛した著者が、軽井沢で触れ合った人物を紹介しながら、軽井
沢を紹介していく内容となっている。

 特に第三章では、白洲次郎氏を紹介しており、読み進むと必然的に (軽井沢ゴルフ倶楽部)
を理解する事が出来る。
 2012年時点で日本全国に2,300ほどのゴルフ場が有る中で、ゴルフ倶楽部とは? と自問した
時に、その原点なるものが、理解出来る様に思える。

 著者が愛した軽井沢、そこに集った名士達の物語が、生き生きと語られている一冊。

× × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × ×

尚、本書は好評に付き販売中との事。(2015年4月)


amazonでのご購入はこちら

TOPへ