ゴルフ、この一冊

前ページに戻る

ゴルフ会員権をめぐる税務事例

☆ 著 作 者  管野 浅雄
☆ 発 行 者  石坂 匡身
☆ 発 行 所  一般財団法人 大蔵財務協会  東京都千代田区三番町30番地2
☆ 連 絡 先  03−3265−4141
☆ 初版発行  2012年1月17日 (定価 2,200円)

☆ 著者略歴  1992年7月 国税庁調査課調査係長
            1996年7月 国税庁調査課主査
            1999年7月 所沢税務署副署長
            2001年7月 関東信越国税局徴収部特別国税徴収官







「  ゴルフ会員権に関する判例、裁決を本にまとめてみようと思い立ち、本書を刊行してから4年が経ちました。

  ゴルフ会員権は、比較的身近な財産と言えますが、最近のゴルフ会員権をめぐる社会経済の環境の変化には
  著しいものがあります。

           ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・  」

           ━ 巻頭 ( 改定にあたって ) より抜粋 ━




■ 本書に関して

 本書は判例・裁決を参考にして、ゴルフ会員権をめぐる税務事例を、解説している。

 2000年4月に民事再生法が施行されて以降、急速に法的整理を進めるゴルフ場企業が、
増加した。

 それと共に企業の再生計画も様々な案が提起され、実行されて来た。 ゴルフ会員権に
対する取り扱いも又しかり。

 本書では、多岐多様に変化したゴルフ会員権について、税務対策上どの様に認識したら
良いのか、その指針を詳しく記述している。
 様々な判例に対する分析を加え、どの様に処理すべきかを、具体的に示している。

 本書はある意味一般向けの、ゴルフ会員権税務処理の参考書、と言えなくも無い。
 ゴルフ関係者必携の一冊。


amazonでのご購入はこちら

TOPへ