ゴルフ、この一冊

前ページに戻る

ゴルフ会員権の損得

☆ 著 作 者  田野辺 薫
☆ 発 行 者  佐野 政矩
☆ 発 行 所  パンニューズインターナショナル  東京千代田区麹町5-3-3
☆ 連 絡 先  03-263-0356
☆ 初版発行  1984年7月30日 (定価 1,000円)

☆ 著者略歴  本名 古賀俊雄。 1930年3月5日福岡県柳川市に生まれる。
          旧制佐賀中学より西南学院修。

          1954年9月文芸春秋社 「文学界」 に 「苛烈と凡常の文学」 が入選。
          以後、毎日新聞、共同通信を舞台に文芸評論を書く。

          1960年からゴルフ記者として 「週間ゴルフ」、「ゴルフレビュウ」 を経て、
          1971年 「週間アサヒゴルフ」 創刊に参画。 創刊より
          1982年春まで編集長を務める。




「   ゴルフ会員権市場は、人によっては一兆円市場と言う人もいるほど膨大化した。

  ゴルフクラブに入会した人で、自分の会員権の財産価値について思いめぐらさない人は、今や一人もいない
  だろう。
  
            マーケットとしての体制もかなり整備されたように見える。
          むろん、まだゴルフ会員権が法律的に有価証券であるかどうか、といった地位上の問題はのこされている。

           ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・  」

           ━  ( 「 終章 」 に代えて ) より抜粋  ━




■ 本書に関して

 田野辺氏は、ゴルフ業界における有名人。
 著者はゴルフ会員権に関する見識も深く、プレーヤー視線で執筆された本書は、1984年
に初版が発行されている。

 1985年のプラザ合意以降、第一次バブル期が到来するのだが、正しくその前年に、ゴル
フ会員権購入に関する指南書として本書は発行された、市場のニーズを汲み取って発行さ
れたのでは無いかと思われる。

 私はこの書籍を、古書店で求めた記憶は無く、80年代後半に、日本橋か八重洲で購入し
たと思う。
 今改めて、読み直せば直すほど、珠玉の言葉が、今は忘れ去られた単語、フレーズが、
ちりばめられている。
 それは、(値上がり)、(ローン購入)、(会員権投資) 等など。

 本書は、時代を良く反映している。 そして今日、ゴルフ会員権を捉える上で、貴重な材料
である様に思える。
 平易な言葉で書かれた読み易い一冊で、一気に読めてしまう。


amazonでのご購入はこちら

TOPへ