ゴルフ、この一冊

前ページに戻る

ピーターたちのゴルフマナー

☆ 著 作 者  鈴木 康之
☆ 発 行 者  木村 玄一
☆ 発 行 所  ゴルフダイジェスト社  東京都港区新橋6-18-5
☆ 連 絡 先  03−3432−4411
☆ 初版発行  1999年10月7日 (定価 1,400円+消費税)

☆ 著者略歴  1937年生まれ。
          ゴルフマナー研究家
          長年広告界でコピーライターとして活躍するかたわら、
          ゴルフマナー研究に取り組んで四半世紀。
          雑誌、新聞に連載ものを執筆。
          本格的マナーブックの上梓が待望されていた。
          日本ゴルフ学会会員
          地球ゴルフ倶楽部会員
          日本ゴルフ協会個人会員
          日本ゴルフ場事業協会個人会員
          ホームコース・太平洋クラブ御殿場コース




「    ゴルフのよい伝統の継承と、よい大衆化の実現が本書の大きな目的である。
   
   ゴルフマナーのほとんどは、ゴルフ規則第一章 「エチケット」 の条文が典拠となる。

           かつてわが国でいわれたゴルフマナーは、いわゆる名門倶楽部のエリートたちによってゴルフ規則第一章
           が解釈され、遵守されてきた礼儀作法であった。

            ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ しかし、限られた倶楽部社会では実践されるものの、広く大衆化した今日のゴ
           ルフ社会には、いまやそぐわないものもある。・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
             
            ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・  」

            ━ ( 本書の内容について ) より抜粋  ━




■ 本書或いはマナーに関して

 ゴルフマナーは、知っている様で知らない様で、曖昧模糊としている。
 コースへ出たおり、或いはゴルフ談義の時に、先輩諸氏よりその都度ご指摘を受け、又、
示唆に富んだお話を伺う中で、自然と習得した様に思う。

 マナー検定なるものが有るならば、私自身一体何点取れるものか? 大変に不安。

 私自身ゴルフを始めたのは20代半ばからで、職場の上司・先輩或いは、大学で体育会
野球部に所属していた同僚が、やっていたからだ。
 同僚からは、(7番アイアンが打てる様になったらコースへ出よう) と言われ、無我夢中
で練習した。

 先輩からは、ジーンズではゴルフ場へ行かない事、ジャケット持参、1時間前には到着
など等ご教示頂き、前日の夜などは眠れないものだった。

 本書を読んでいると、何気なく行っていた事の裏づけ等が、良く理解出来る。 今更なが
ら基本的な知識が無く、モノマネ同様の振る舞いでコースへ出ていた事を、痛感させられ
る。

 まずマナーが有り、そして気持ち良いゴルフが出来る。
 是非、多くのプレーヤー或いは、ゴルフにご興味を抱いている方々に、読んで頂きたい
一冊だ。

× × × × × × × × × × × × × × × × × × × × × ×

尚、本書は好評に付き、全国書店、ネット書店にてお買い求め出来ます。(2015年4月)
☆ 株式会社 ゴルフダイジェスト社  
  〒105-8670
  東京都港区新橋6-18-5
  TEL 03-3432-4411


amazonでのご購入はこちら

TOPへ