ゴルフ、この一冊

前ページに戻る

ゴルフ筆談

☆ 著 作 者  平山 孝
☆ 発 行 者  松本 國雄
☆ 発 行 所  株式会社 四季社  東京都中央区新富町2-2
☆ 連 絡 先  築地 ( 55 ) 2634
☆ 初版発行  1953年5月25日 (定価 300円)

☆ 著者略歴  明治30年 東京麹町に生る
            大正10年 帝大法科卒、鉄道省に就職
                 昭和2年乃至5年外遊
                 帰朝後名古屋鉄道局長、東京鉄道局長、経理局長、総務局長歴任
            昭和19年 東京急行電鉄株式会社社長
            昭和20年 運輸次官
                 現在社団法人全日本観光連盟副会長、株式会社国際観光会館社長、其他

                 著書
                 『 西と東 』
                 『 みの 』
                 『 あぜ道 』 等

                 ゴルフ略歴
                 藤ヶ谷、六実クラブ常務理事、相模クラブ理事、東京クラブ理事
                 京都加茂クラブ理事、川崎国際ゴルフ・クラブ理事長、四谷ソフィヤクラブ理事長等。




「  此の本を読んでも、ゴルフは上手になりませんよ。
  唯だ、よいゴルファーになるのには、多少役立つかも知れません。

  私は三十年に亘りゴルフをやつています。。そして考えた事は、ゴルフと云うのは上手になるに越した事はあり
          ませんが、先づ良いゴルファーになる事が必要だと云うことです。

          誰れと一緒にプレーをしても、相手が嬉ぶようなゴルファーになりたいと思います。
           
           ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 」

           ━ 巻頭 ( 自序 ) より抜粋 ━




■ 本書に関して

 この本は、2010年現在某有名私大にて、教鞭をとられておられる方よりの頂き物で、今を去
る事十数年前の事だったと思う。

 先生はこの本を何冊か複数所有されておられ、その内より一冊頂いた。
 本書は、ゴルフの黎明期と言っても過言では無い時期の、関係者の日常生活や社会状況が
何気なく表現されており、資料的価値も高いものと思う。

 文章も平易な書き方に成っており、いっきに読めてしまう。

 当時、ゴルフは、ゴルフ場は、一部富裕層の或いはインテリゲンチャーの娯楽であり、スポ
ーツで有り、更には今日以上に社交の場で有ったと言える。
そこではゴルフルールを学ぶ事が、欧米流文化や思考方法を学ぶ事につながり、究極的には
民主主義を学ぶ事に成った、無意識的に自らの脳に刷り込む作業と成ったのでは無いだろう
か?
 
 随筆的作品ですが、気品の高さが伝わってくる一冊であり、読書後はとても豊かな気分にさ
せてくれる。


amazonでのご購入はこちら

TOPへ